ネットてで出会った男性と奴隷契約を結んだK美の体験談

とある出会い系で知り合った男性に従うことに

御主人様との出会いは、とあるSMサイトのオフ会でした。

 

緊縛された女性を眺めながら、お酒や食事を楽しみ、交流するという趣旨のものでした。

 

こういったサイトで知り合った人と、いきなり二人きりで会うのが怖かった私には、オフ会というのは、とても良いチャンスだったように思います。

 

目の前に縛られている女性がいると、不思議なことに初対面の男性たちの前でも自分の願望を普通に話せます。

 

お酒が入っていたことも手伝ってか、私はその中の一人の男性と、自分の願望の奥深いところまで話すことができました。

 

それが今の御主人様です。

 

御主人様も、私と話したとき、何か運命じみたものを感じてくれたみたいで、私たちはすぐに御主人様の奴隷となることを宣言しました。

 

御主人様は、普段とても優しく穏やかで、プレイの最中も、その穏やかな口調と優しい微笑みを決して崩しません。

 

でも、私を責め上げる手つきも、私に求める試練もとても厳しく、私はいつも涙を流しながら調教を受けています。

 

責めたりしてくれるときはまだ良いです。

 

ひどいときは、私に恥ずかしい願望を洗いざらい話させて、さんざんいやらしいことをしてほしいとおねだりさせた挙げ句、指一本触れられずに家に帰される日もありました。

 

御主人様は、そうやって奴隷の『忠誠心』を育てることをとても大切にする人のようで、私が常に、御主人様を求めていて、御主人様に仕えることを最上の喜びと感じているという、その心そのものを尊んでくれています。

 

そういった出会いができたこのサイトにとても感謝しています。

  
セックス 処理

奴隷探しランキング

  
セックス 処理